NARRATOR ROAD


飾・極・虐…

2011/11/20

「自分を偽って生きていたら、
ナレーションは作為的表現として、すぐにバレてしまう」

いつも真の自分で、真実の言葉を語っていきたい。

自らの思考と言動を、そう律し犠牲と覚悟、責任感に満ちた、
表現活動を目指す人間に出会えないものかと探し求めている。
が、希薄な現代社会、悲しかな、そう簡単に出会えるものではない。

「飾」…
人は、誰かの心を灯したくて、着飾るのか?
とかく、人は見た目の外見を飾りたがる。
言うところの、いわゆる「カッコ」つけたナレーション表現。
飾らず、カッコつけずとも、心が磨かれれば音声表現、技術は進化する。

「極」…
自己表現を極めたい、語りの職人になりたいと言う人がいる。
そう言う人に限り我が強く、論拠のない自信を抱き過信しているのだ。
何を極めると言うのか、極めると言う意味を完全に理解しているのかと、
疑問を投げかけたくなる、気持ちに駆られたことが何度となくあった。
極めるとは、表現、技ではなく、心、人間力を極めることなのであって、
決して、表面的な一部分を極めても存在価値は成立しない。

「虐」…
読んで字のごとくです。
意味は、まさに、自虐であり、自身を追い込むと言うことです。
草食系と言われる世代は、自分を愛する傾向が強く攻めの姿勢が低い。
まず表現者となりたいならライバルを見つけ、相手を知ることが肝要。
そして、ライバル心を燃やし、徹底的に自身を追い込み相手に重ね合わせ、
次々に、弱点を見つけ出し対比することも、とても、大切な要素です。

28

究極のナレーションを求め勉学するなら、
まずは、極限まで自らを追い込み鍛え上げる「心・技・体」と、
続いて、「飾・極・虐」の各三文字を完全に理解し自らと戦う姿勢が、
心を磨き成熟へと導き、人となりが形成され、表現は深みを増します。
どんな表現も結局は自分、未熟であれば未熟なりの表現しかできません。

ナレーターは業界にごまんといる。
その中で唯一無二の存在になるには、自分を深く知り、
やり遂げる自分を信じ、応援してくれる人を待つしかないを持論とする。

競争あってこそ、戦いがあってこそ、人は強くなれる。

ナレーションを学んでいるから、自分を知ることが出来る。
ナレーションを学んでいるから、自己開発、啓発が出来る。

29

人の営みも、自然界の営みと同様に移り変わりいくもの、
うつろう季節同様に色濃く深みある自然界に感動する我々、
表面的な部分に惑わされず、真の人間力、人間像を築くを忘れるべからず・・・

撮影地
神奈川県湯河原市 万葉公園


本流…

2011/09/15

正攻法で進むか、
姑息な手を使うか・・・

唐突に意味深と思うかもしれないが、
事実、時に発生するノン・フィクションの一コマです。

テレビやメディアに影響を受け、
人それぞれに、幼くして憧れを抱いたり、
若くして、自我に目覚め表現者の道を選んだ者など様々な応募者たち。

表現を生業として、自立、自活を願う人、
夢を追い求めて、自身の納得する人生を歩みたいと願う人。
反面、表現、ナレーションを学ぶ上で、何が大事なことなのか、
何が足りていて、何が欠けているのか、注視すべき点は、どこなのか、
その根幹、骨子が見えず解出来てない人も多く存在する。

そうです。
学びの本流が見えてなく、分かっていないのです。

22

あるレッスン生の一人が、こんなことを言ってました。
数多く読み方の練習をさえすれば、いつの日か、必ず上達する。
と思い込み、何の意味も論拠もない考えを拠り所にしていたと言うのだ。
下手な鉄砲も数打てば当たると言う、下世話で的を得ない発想です。
実に、アイデアに乏しく何の戦略も持たず、教えに相反していた面があった。

それも、今では、ある機会から学びと練習法のスタイルを見出すに至り、
自身の骨子が見えてきたと言ってはいるが、容易に事が進むか、どうか・・・

努力に即効性はないから、
一日一歩と同様の考え方で、短文原稿を元に、
完全なる一音一拍、一日一読と決め読破する姿勢が好ましく思う。

人に夢や感動を与えるクリエイティブな仕事の領域には、
平坦で楽な道もなく、あるのは苦悩の日々の連続だけです。
今一度、自らを戒め、犠牲と覚悟を再認識するべきなのです。

潮が満ちる。
機が熟す、と言われるように、
何事にも辛抱を重ね、好きなことをやり続けていれば、
きっと、良いことがあると・・・
と、昔から、こう言われ続けているのは、精進していく上において、
本流とは何か、見極めよと言う、暗示と言えるのかもしれません。
撮影地。
神奈川県湯河原市、万葉公園。


名将に学ぶ…

2010/10/25

 名将、「野村克也氏」名言。
楽天イーグルス監督時代に、こう述べています。

 「心が変われば態度が変わる」
「態度が変われば行動が変わる」
「行動が変われば習慣が変わる」
「習慣が変われば人格が変わる」
「人格が変われば運命が変わる」
「運命が変われば人生が変わる」

 この名言に目を留め何を感じ、何を想うでしょうか。

7

 Workshop OPALを開設して約4年が過ぎました。
その間、ナレーターを夢見て応募してきた人の数は幾ばかりか。

 そして、レッスンへの参加時、
 当所で学ぶにあたり、現在の力量と知識を弁えた上、
 弱い自分を認め、あるがままの自分を受け入れることから始めてください。
 そうすることによって、今まで見えなかった数々の事象が見えてくる、
 と、促し説明し理解を求める、すると、大半の人は快諾するのです。

 ところがである。
 他の養成機関では、芽が出ずじまいにも関わらず、
 弱さと無力の自分を認めたがらず、そして、内省することなく、
 環境の変化に伴う付加価値的要素を養うことを見落としているのです。

8

 人は簡単に変われるものではないが、
 変化を恐れず、環境と対峙し、自分と対峙し、
 自身の心と戦う姿勢を一貫することが夢の現実への第一歩と言えるのです。

 

 

 撮影地
 京都鷹ケ峯 源光庵 悟りの窓

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.