NARRATOR ROAD


呼吸法…

2014/02/22

吸気と呼気

昨年末、地方在住のナレーターから一通のメールが届く、
新年の挨拶を兼ねて将来のお話をすべく伺いたいと記されていた。
地方都市における仕事内容、表現のスキルアップも思いのほか、
ままならぬなのだろうと推測した。

それもそのはず、今から3年前になるが、
彼女との個人レッスン時に吸気と呼気のバランス、
そして、効率よくナレーションを表現する方法論の伝授を試みるが、
過去に教わった例もないため、コーチングされる一つ一つの意味内容の
理解度と本人の不出来に落胆したのか、泣き崩れる場面が多々あったことを
昨日の出来事のように記憶している。

そして、今年の久方ぶりのレッスンの場で、
柔軟な身体が心豊かな表現を可能にすると言う教えを目的に、
ストレッチに合わせた吸気と呼気を連動させる呼吸法の鍛錬を日々続ける
と同時に、舌の適正位置を知ること、舌の筋肉を鍛えるなどの諸々をコーチング、
表現欲求と本人の努力が功を奏し、数週間の後、効果が現れ明らかに改善された。

inochi.2

ボイスサンプル収録時、
その声、そのナレーションに命(魂)が吹き込れたと言うに相応しく、
3年前より、はるかに音声表現は進化したと言って過言ではない。

とは言え、現段階では呼吸法を体得したばかり、
まだまだ課題山積ではあるが、自身が今以上の結果を求めるには、
向上心を強く抱き、怠けることなく自助努力するほかに道はないと告げた。

撮影地
奈良市 元興寺 智光曼荼羅 「命」 アートインスタレーション


3.11

2013/03/11

3.11
あの日から2年。

2011年3月11日、2時46分 東日本大震災発生。

あの時間、フジテレビ18階のカフェで打合せ中だった。
すぐにおさまるであろうと思ったものの、激しくなるばかり、
気配は一変しエレベーターは停止状態、避難は非常階段以外にはなく、
次から次へと、各フロアーから退避する人、人の数で溢れかえっていた。
ようやく、外へ出たが、近隣のビルからも避難した人の数に驚きを覚え、
一瞬にして、日常と違う光景に触れ、自然界の驚異に無力さを感じた。

そして、近くのビル建築現場では火災が発生し、
報道局の撮影クルーが伝えるべく使命感に駆られているのか、
足早に現場へとむかう姿をハッキリと覚えている。

昨年同様、
今年も各局では震災特番が放送されています。

そんな中、ひときわ心打たれる特番を目にとめました。
単に、被災地の人々の苦しみや悲しみ、辛い悩みを伝える番組ではなく、
取材に費やした時間と映像、音響効果、演出、ナレーションに至るまでの
すべてにおいて、思慮深く考察させると言って過言ではないドキュメンタリー。

特に、語り手の感情移入と呼吸法の息づかい、息つぎが、
一体となっており、視る人の心に染み入る表現となっていることです。

マスメディア界に身を置く、我々に何が出来るのか。
改めて、業界人として何をすべきなのかを考えさせられた、2013/3/11

声に特化したナレーションをベースに、
クリエイティブワークを推進するナレータープロダクション。
貢献出来ることは何かを模索探求し、そう遠からぬ時期に形にし、
人のため、世のために役立つ表現を心がける想いを強くするとともに、
一人でも多く、次世代のナレーター育成の急務を感じずにはいられない。

あの日を忘れない
合掌3.11

撮影地
栃木県太田市 常楽寺


偽脱…

2012/01/01

2012 指針「偽りからの脱却」
2011年版 実録。
・こんなことに気付かされました?
・こんな発見がありました?
・ナレーションの仕事をした折、
感動を覚えたので生涯を通して極めていきたい。

昨年秋、表面的な気付きに一喜一憂した、
レッスン生、30代女性の2人が発した言葉の一片。
確認する意味で、その一片に質疑を試んでみると、
何故か否定と解釈され、そして、耐え切れなくなったのか、
指したる理由もなくOPALを去りました。
否定されることに傷つくと言われる今時の若者世代。
いや、30代ともなれば若者ではなく立派な大人世代です。

推測するに、OPAL入所時に思い描いていた、
勝手な理想と目標、根拠も論拠もない希薄な目的意識。
つまりは、良くあるパターンの「どうにかなるであろう」的発想です。

そこまで、気持ちに偽りがありながら、
尚且つ、目指すべきの道の難解さと身の丈を知らぬ人間。
弱さを知り、そして、強さを知り、戦うべき所で戦う、
業界のモラルと常識を理解する者以外は生き残れない。

偽りの象例をあげてみるとこうなる。
・本当の自分は向いていないのではないか。
・何かを犠牲にしてまで頑張れる人間なのか。
・才能、資質、感性は備わっていないのではないか。
・向き不向きや得て不得手を見失っているのではないか。
・エンターティメント性を持ち合わせていないのでないか。

これこそが、OPAL流に言い換えれば「偽り」なのです。

このような迷い、悩みの事象を抱えながら、
思慮深く考えず、表現者として発信者として自立出来るのか、
と言った部分には目を塞ぎ、迷いや悩みを抱いていながら、
邪念と偽りを持ったままワークショップに参加する輩もいる。

若い世代ゆえ、
「心眼」(物事の真実の姿を見抜く鋭い心の働き)は、
持ち合わせてはいないが、 少なくとも自分に素直であるか、
謙虚であるか否かは、自身の判断基準に値すると思われる。

303

人間の目とは、
自分が興味あるものに目が向くようになっている。

各人がナレーションに興味があるなら
「偽りからの脱却」する以外に成長する術はない。

撮影地
神奈川県北鎌倉 円覚寺


像…

2011/11/15

人には、その力がある。
夢を見る力がある。だが、夢を見る力はあるが、
その夢を現実にする力、術を持ち合わせていない者が数多くいる。
その理由は何故か、夢とは、その個人が勝手に描く妄想みたいなもの、
我を知る人は、勝手な夢、妄想を追わず等身大の自分を直視し判断する。

幼年期に夢をみた者、社会人となり夢みた者、
人それぞれに、様々な入り口から学びの場に席を置いた者、席を置いてる者。
一ヶ所に留まらず、数ヶ所を渡り歩く「養成所ジプシー」まで存在する。

過去の事例、
30代後半の女性がOPALに参加した時の話、
それまでに、10数ヶ所を渡り歩き投資額は約1,000万円、
と聞いて驚愕、驚き桃の木、21世紀・・・
なんて、馬鹿なことを言ってる場面ではない。
不可能を可能にすることへの苦悩の日々の連続。
思い以上に深く、自己受容と低次元の気迫な意志力と決断力に気付けない。
そして、芸事を甘く捉えがちな自身の存在意識も否定出来ぬ実態をも、
封印しているかのような者も多くいると言って過言ではない。
駄目な自分を直視すること、認めることは本人にとっての恐怖であり、
夢を諦めなければならなくなり、その現実を受け入れたくないのです。、

中でも、醜いのは、単に学びの場に身を置き、
行為、行動、そのものを楽しんでるかのタイプである。

「ケース・スタディ」
TYPE 1. イマジネーション(像)
想像 = 夢、想い、イメージ = 利己的。
判断基準は、まだ若い、これが出来る、無意味な可能性があると言う、
過大評価と過信が強く、勝手に創りあげた自分像の妄想に酔うタイプ。

TYPE 2. クリエイティブ(像)
創造 = プロデュース、ブランデング = 対価的。
判断基準は、意志力と決断力が強く、独創性と士気が高く、自助努力を怠らず、
戦略とビジョンを持ち合わせ、そして、着地点が明確に見えているタイプ。
世間全般で良く言われる言葉に、「ブレる、ブレない」とある。
ブレる人は意志力、判断力と決断力が欠落している。
ブレない人は、意志力と決断力に長けて、究極の違いは不屈の行動力です。

27

この宇宙に存在する人間、
広い世の中に目を向けて、自分の存在とは何か、
ナレーターを目指す存在意義は何か、誰の為、何の為の夢なのか、
どれほどの価値があり、どれだけの影響力を及ぼすと言うのかを、
問いただせば、日頃の勉強と練習は事足りているかが見えてきます。

見えた時が、ようやく始まりの第一歩なのです。

撮影地
千葉県成田市 新勝寺


フィールド…

2011/10/15

私達が過ごしている日々の生活。
その日々の生活、いわゆるフィールドにモノ創りの原点とも言うべき、
数多くのヒントや答えが潜んでいることにお気づきであろうか。

例えば、
会話の中には、アクセントやイントネーションがあり、
それが、正しいのか、間違っているのかを知るヒントがあります。

続いて、会話となれば発声が大きく関わります。
きちんと正しい発声が出来れていれば、平板にはならず、
アクセントやプロミネンスも考慮されてリズミカルな会話になります。
リズミカルは、つまり、テンポ、緩急と連動し相手を飽きさせません。

続けて、声域、音域の幅にも関係し作用するのです。
「驚いた時」「嬉しい時」「楽しい時」「悲しい時」などは、
感情を顕に出すこととなり、その振れ幅を最大にし言葉を発しています。

が、しかし、
実際の場面、レッスンではどうでしょうか。
感情を表に出すことは、大きな表現となるのですが、
いざ、原稿を手に取り読み上げると、非常に声域や音域は狭くなります。

それは、何故でしょうか。
答えは、日々のフィールドに隠されています。
日頃並びに普段、会話をしている相手は大多数が身近な人や友人、
ほとんどが、同じ人、以外に会話をしてないと言って過言ではないでしょう。
つまり、会話を交わしている相手が近すぎて言葉にも相手にも気を遣わず、
伝わっているのか、どうか、全く、疑わないことも原因の一つと言えます。

同じ人と会話すると言うことは、
距離感が近いので、きちんと明確に、はっきり、しっかり話さなくとも、
理解してくれる、くれていると言う勝手な思い込みが災いしているのです。

ナレーターとして、
生きていきたいと思う人、それでは困ります。
語り手の原点は声であり、発声であり、言葉がすべてなのです。
いつ、いかなる場面においても「初対面的感覚」を念頭に置いての会話、
そして、初対面だからこそ言葉と相手に気遣いの心で語りかけるが肝要です。

言葉は耳に入ると、
すぐに消えてしまう性質であることも忘れないでください。

語り手として、
伝えるには、自らの生きざまをぶつけなくてはなりません。
それに伴わない発音、発声、読み方では感動と共感は得られません。

プレーヤーとして生きる、「日々の環境(感性、美意識)」のフィールドに注視し、
多方面から学び取る精神性を維持する必要性を忘れないでください。

261

撮影地

京都市東山 建仁寺


魂を演じる。

歌舞伎役者、落語家、俳優、音楽家を始めとし、
ありとあらゆるジャンルに君臨し活躍している演者、表現者達。
その、すべてのスペシャリスト達は、皆、選ばれし人たちである。

言葉に宿る神秘の力の「言霊」を操り、
身体全体から漲るエナジーと解き放たれる、心の感情開放と、
溢れ出る「魂」が注がれて芸、表現が演じられているのである。

時に、耳にする言葉に、
役者魂、芸人魂、プロ根性とあります。
意味するところはと言うと、単に、表現に感動するのではなく、
その役者、俳優や演者が演じている「魂」に感動しているのだ。

20

その表現は、

決して、無機質ではない、有機質な心ある表現と言える。

では、ナレーターはどうでしょうか。
気番組を手掛ける、あるデイレクターが、こんな事を言っていました。
良い声の持ち主や巧く読める人は沢山いる。
だが、その人が醸し出す独特の世界観を持ち合わせていない。

オリジナリティ、魅力に欠けると言うのです。

この言葉から、判断できるように、
声が良くても、単に、読み方が巧くても成立しないビジネスだと言うことです。

いわゆる、心のこもったナレーション。
そのプレーヤー、ナレーターが醸し出す世界観と魂が、
発露されなければ、制作者と視聴者は感動してはくれないのです。

今一度、魂の表現とは何なのか。
心ある表現とは、持ち合わせる世界観とは何なのか。
自身と向き合い、深く掘り下げ観察してみてください。

そして、身を投じる世界は、厳しい「魂のビジネス」界である、
と、言うことも合わせて自身の表現を見直すことが肝要です。

 

撮影地。
京都紫野 大徳寺塔頭 瑞宝院


去る、2010/12/31
2011/01/01 01/09の3回に渡ってNHKで放送された
「99歳の詩人」と言う、番組をご覧になったでしょうか。

著者である「柴田トヨ」さんは、
栃木県宇都宮市で一人暮らしの中、詩を紡いでいます。
自らの詩集の一編「くじけないで」を語るシーンから、
番組はスタートし、追うようにして「中谷美紀」さんの
ナレーションで綴られていき、心温まる番組構成となっていました。

みずみずしい感性あふれる創作力で、
2010年3月の発売以来、90万部の大ヒットとなっているそうです。
激動の時代を生き抜いた女性が「生きることの幸せ」を綴った詩は、
世代を越えて共感を呼んでいるようです。

トヨさんの詩に流れるテーマは、
「ふと、優しい気持ちになれる時があれば、
人はくじけずに生きていける」

まさに、風の言葉を紡ぐような柔らかい言葉の数々です。

14.jpg

そして、番組の中で次々に紹介されていく愛読者が、
詩集を手にとり、感じるがまま、心あるがままに素直に、
詩を朗読する場面には、挽きつけられるものがあります。

何一つ、邪念も雑念がなく、
その詩によって勇気づけられ、生きる喜びを感じるままの表現は、
ある意味において、語りの真理であり、真髄ではないかと思えてきます。

その語りの真髄とは、
ナレーターを目指す人が、見習うべき心の有り様なのかもしれません。
そして、いつの日か、たゆたう風のように、
風の言葉を紡ぐような語りをする表現者に出会いたいものです。
撮影地
東京都立川市 昭和記念公園


TAO (道)

2010/12/31

TAO  道(タオ・みち)とは、
中国哲学上の用語の一つです。
人や物が通るべきところであり、
宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、
道徳的な規範、美や真実の根元などを広く意味する言葉です。

「 Players Workshop OPAL 2010 」

2010年もOPALへ数多くの応募があり、
そして、ワークショップオーパルのレッスンに参加し、
見事、所属の身となった者、自らの力を知り去った者、
精神的に乗り越えられず去る道を選択した者などがいました。

ナレーターとは、
芸道、語りの職人の域に達する道です。

13

 プロを求めて生きるには苦悩の連続です。
逃れることも、解き放たれることもないのです。
向上心が強ければ強いほど苦悩は続くのです。

職人と言われる人の言葉に耳を傾けると、
人生一生の時間をかけてもやり遂げられるか、
一生を費やして勉強しながら極めなければならない。
と、口を揃えたかのように言い切る場面を目に留めます。

私たち、Players Workshop OPALの一員、
それぞれが、先人たちの発する言葉を心に刻み、
くる年の2011年も、一人でも多くの応募者と接し、
優れた人材を世に送り出せる教えの道を提供しつつ、
歩んでいかなければと思う、大晦日の記述でした。

ゆく年に感謝と感動… くる年に期待と記憶を・・・

  撮影地
東京都あきる野市 龍殊院


京都発…

2010/10/22

 京都発深夜バスでWorkoshop OPALに、
 月に一度、2泊3日の過密スケジュールで、
 日本古来の伝統が織り成す古の都、京都から、
 ナレーションを学びに来ている、一人の女性がいます。
 今春、大学を卒業した彼女は、演劇や表現活動を主とした、
 学科を専攻していたことあって在学中にナレーションに目覚める。

 関西人独特の派手さはないが、
 根性だけは、人一倍を感じさせる様相を覗わせ、
 夢半ばにて敗れた時は、力量を納得し潔く撤退する。
 人生を無駄に贈りたくないと言い切ってしまう。

 そんな彼女が応募してきたのは、初夏のことでした。

 6月に面談、
 そして、7月からレッスンへ参加しています。
 金曜18:00~22:00レッスン、日曜日13:00~15:00ボイトレ、
 15:00~22:00レッスンと3部構成のスケジュールです。
 予定通りのカリキュラムを終えて新宿発の深夜バスで帰路、京都へ。

 まだまだ耳が肥えていない為、 ダメ出しに対し理解に苦しむ場面が、
 多々あることは否めず、苦悩の連続の様子です。

 彼女が月に一度通う理由はこうです。

 東京で生活環境を整えた上、
 ナレーションの勉強に集中したい。
 だが、自分で決めた道だから親にも頼ることなく、
 日頃は京都でバイトを掛け持ちし貯蓄に励みながら、
 誰の力も借りず、年明け早々には東京に基盤を移したい。
 若くして、思い描く人生計画とナレーターとして活躍する姿を、
 イマジネーションし価値ある自分の人生を歩みたい、
 そう願い、夢を現実へとOPALへ足を運ばせています。

6

 夢への出発点に立ったばかり、
 そして、まだ蕾にも満たない彼女だが、
 咲かない花はない、機が熟せば花は必ず咲きます。

 夢を掴む彼女の戦いは始まったばかりである。

 

 

 撮影地
 東京都青梅市 吉野梅郷


面談…

2010/10/14

 袖触れ合うも他生の縁・・・
 諺の意味するところ、「人は縁で結ばれている」。

3

 その基本概念は、Workshop OPALも同様の姿勢です。
 数多くの人に門戸を開き、優れた人材育成を目的と目標に掲げ、
 未来のナレーターとして、世に送り出すことを使命とするOPALスタイル。
 
 面談はワークショップレッスン日に設定し、
 プロファイルカウンセリング、質疑応答、
 そして、原稿リーディングに至るまでの内容を実施している。

 特に、質疑応答に重点を置き、あらゆる角度から問い掛け、
 その中でも、目立つことと言えば下記の記述内容通りです。

 それは、あなたがナレーターを目指す理由は何ですか、
 と、尋ねる、筋書き通りの決まった言葉の「人を感動させたい」、
 「自分にしか出来ないことを表現したい」「語りの職人になりたい」
 その理由、志は応募者の数だけあり多種多様の様相を感じさせます。

 が、中にはこんな事例も「楽しそうだから」と、一言、
 果たして、ナレーターと言う職業は単に楽しいと言えるだろうか。
 そう言い放つ人は、語りの本当の奥深さと「心 苦 脳 悲」が、
 裏に潜んでいることを知らぬ、憧れだけを抱く応募者と言えるのです。

4

 レッスン実技の指導を受ける面談者には、
 過去の学びの場で細部に渡り指導されなかったことや、
 新たな発見と意外なことに気付かされることが多くある様子、
 一点の光りが指したかのように、安心感へと変化し入所承諾書に
 署名記入し、 夢が現実へと化する所属権利を勝ちとる戦いとも言うべき、
 他の学びの場ではあり得なかった、厳しいレッスンが始まるのです。

 撮影地
 栃木県鹿沼市 古峰神社

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.