NARRATOR ROAD


一期一会…

2010/10/30

 禅語「一期一会」
 一期は一生、一会は唯一の出会い。

 茶道の精神性を説いた用語でもあり、
 今日の一会は生涯に二度とない会だと思い全身全霊で、
 取り込む精神性を説いた用語の一つでもある。

9

 今月、一人の女性がOPALを去りました。
 その理由は、風邪をひいて体調を崩し一週間ほど、
 入院しなければならなくなりましたと言うことからでした。
 その折、自身を見つめ直す時間が良い機会となったようです。

 彼女の言葉を引用すると、
 毎日のようにナレーターについて考えたそうです。
 私のような人間がとても生き抜けていける世界ではない、
 と、痛感する結果に至ったと言葉で締めくくられました。

 昨年、大手スクールで学んだと言う、
 彼女と面談した折、プロとしての素養、資質等が、
 若干、乏しきように感じ、見受けられたことから、
 その旨を告げる、それでも、彼女は、この少人数制の環境で、
 きちんと基礎的な面から学びたいと意欲的な言葉を発するゆえ、
 6月からスタートし、当所は精力的に上昇志向の姿勢を見せる場面も、
 幾度かありましたが、環境への慣れと共にナレーションの奥深さを、
 知るに連れ、注意の頻度も多く重なり始めると、どこか、意気消沈した様子に、
 集中力散漫、自らを律せず、そして、自らの殻を破れぬ日々の連続でした。

 来春、プロとしてデビューするには、
 とても厳しい状況にあるから発声練習、読み癖の改善、
 身体を鍛えるなど、自ら対応策を講じなければ暗転のまま光は射さず、
 と諭し試みるが、変化と改善は見えずじまいであった。

 何故なんだ、問い正しを繰り返すと、
 人は逃げたい心境に駆られるのでしょう。

 プロを目指す信念を貫きたいと強く願うならば、
 一期一会の言葉が表すように、その師とその環境において、
 全身全霊のエネルギーを注ぎ込む精神で立ち向かわなければ、
 願い叶うことなく そして、夢は頓挫すると言っても過言ではない。

 写真 禅宗の開祖「達磨大師」
 撮影地 京都東山 東福寺頭塔「霊雲院」


名将に学ぶ…

2010/10/25

 名将、「野村克也氏」名言。
楽天イーグルス監督時代に、こう述べています。

 「心が変われば態度が変わる」
「態度が変われば行動が変わる」
「行動が変われば習慣が変わる」
「習慣が変われば人格が変わる」
「人格が変われば運命が変わる」
「運命が変われば人生が変わる」

 この名言に目を留め何を感じ、何を想うでしょうか。

7

 Workshop OPALを開設して約4年が過ぎました。
その間、ナレーターを夢見て応募してきた人の数は幾ばかりか。

 そして、レッスンへの参加時、
 当所で学ぶにあたり、現在の力量と知識を弁えた上、
 弱い自分を認め、あるがままの自分を受け入れることから始めてください。
 そうすることによって、今まで見えなかった数々の事象が見えてくる、
 と、促し説明し理解を求める、すると、大半の人は快諾するのです。

 ところがである。
 他の養成機関では、芽が出ずじまいにも関わらず、
 弱さと無力の自分を認めたがらず、そして、内省することなく、
 環境の変化に伴う付加価値的要素を養うことを見落としているのです。

8

 人は簡単に変われるものではないが、
 変化を恐れず、環境と対峙し、自分と対峙し、
 自身の心と戦う姿勢を一貫することが夢の現実への第一歩と言えるのです。

 

 

 撮影地
 京都鷹ケ峯 源光庵 悟りの窓


京都発…

2010/10/22

 京都発深夜バスでWorkoshop OPALに、
 月に一度、2泊3日の過密スケジュールで、
 日本古来の伝統が織り成す古の都、京都から、
 ナレーションを学びに来ている、一人の女性がいます。
 今春、大学を卒業した彼女は、演劇や表現活動を主とした、
 学科を専攻していたことあって在学中にナレーションに目覚める。

 関西人独特の派手さはないが、
 根性だけは、人一倍を感じさせる様相を覗わせ、
 夢半ばにて敗れた時は、力量を納得し潔く撤退する。
 人生を無駄に贈りたくないと言い切ってしまう。

 そんな彼女が応募してきたのは、初夏のことでした。

 6月に面談、
 そして、7月からレッスンへ参加しています。
 金曜18:00~22:00レッスン、日曜日13:00~15:00ボイトレ、
 15:00~22:00レッスンと3部構成のスケジュールです。
 予定通りのカリキュラムを終えて新宿発の深夜バスで帰路、京都へ。

 まだまだ耳が肥えていない為、 ダメ出しに対し理解に苦しむ場面が、
 多々あることは否めず、苦悩の連続の様子です。

 彼女が月に一度通う理由はこうです。

 東京で生活環境を整えた上、
 ナレーションの勉強に集中したい。
 だが、自分で決めた道だから親にも頼ることなく、
 日頃は京都でバイトを掛け持ちし貯蓄に励みながら、
 誰の力も借りず、年明け早々には東京に基盤を移したい。
 若くして、思い描く人生計画とナレーターとして活躍する姿を、
 イマジネーションし価値ある自分の人生を歩みたい、
 そう願い、夢を現実へとOPALへ足を運ばせています。

6

 夢への出発点に立ったばかり、
 そして、まだ蕾にも満たない彼女だが、
 咲かない花はない、機が熟せば花は必ず咲きます。

 夢を掴む彼女の戦いは始まったばかりである。

 

 

 撮影地
 東京都青梅市 吉野梅郷


face…

2010/10/18

 面談を経て、
 学びの場へと参加するレッスン生の中に、
 二つの顔を持ち合わせている人が、時として見られる。

 「人が場をつくり、場が人をつくる」のです。

 個々の人間性、協調性、対応力など、
 ありとあるゆる角度から観察、分析するが、
 人の内面に潜む「自我」「邪念」「本性」と言うものは、
 時間の経過とともに「場」に慣れてきた段階で見えてきます。

5

 

 表と裏、二つの顔とは何か。
 メジャープレーヤーの存在しない事務所。
 その背景に合わせた、個人が抱く思いと野心はと言うと、
 邪念と雑念が、明らかで過大評価から欲するところの所属権利です。

 勿論、感性と才能が伴い、日々の努力、精進を怠ることなく、
 自己と対峙し、自己との戦いに時間を惜しむことなく練習する、
 強い精神力が養われている人物であれば、現実として受け入れる。
 が、ナレーションとは、
 個性と人となり、そして、ピュアな心の表現なのです。

 表の顔…真面目を装い嫌われまいとする。
 裏の顔…所属権利には合わせようとする。

 思い描く理想を内省し、
 現状の現実を見定める「心の眼」を持つことが肝要と言えるのかもしれません。

 撮影地
 神奈川県横浜市 正覚寺


面談…

2010/10/14

 袖触れ合うも他生の縁・・・
 諺の意味するところ、「人は縁で結ばれている」。

3

 その基本概念は、Workshop OPALも同様の姿勢です。
 数多くの人に門戸を開き、優れた人材育成を目的と目標に掲げ、
 未来のナレーターとして、世に送り出すことを使命とするOPALスタイル。
 
 面談はワークショップレッスン日に設定し、
 プロファイルカウンセリング、質疑応答、
 そして、原稿リーディングに至るまでの内容を実施している。

 特に、質疑応答に重点を置き、あらゆる角度から問い掛け、
 その中でも、目立つことと言えば下記の記述内容通りです。

 それは、あなたがナレーターを目指す理由は何ですか、
 と、尋ねる、筋書き通りの決まった言葉の「人を感動させたい」、
 「自分にしか出来ないことを表現したい」「語りの職人になりたい」
 その理由、志は応募者の数だけあり多種多様の様相を感じさせます。

 が、中にはこんな事例も「楽しそうだから」と、一言、
 果たして、ナレーターと言う職業は単に楽しいと言えるだろうか。
 そう言い放つ人は、語りの本当の奥深さと「心 苦 脳 悲」が、
 裏に潜んでいることを知らぬ、憧れだけを抱く応募者と言えるのです。

4

 レッスン実技の指導を受ける面談者には、
 過去の学びの場で細部に渡り指導されなかったことや、
 新たな発見と意外なことに気付かされることが多くある様子、
 一点の光りが指したかのように、安心感へと変化し入所承諾書に
 署名記入し、 夢が現実へと化する所属権利を勝ちとる戦いとも言うべき、
 他の学びの場ではあり得なかった、厳しいレッスンが始まるのです。

 撮影地
 栃木県鹿沼市 古峰神社


フロー…

2010/10/07

google、yahooでキーワード「ナレーター募集」、
 検索すると、最上段に弊社、CUVEが表示されます。

 「未来創造のプレーヤー集団が、
 感性豊かな若き逸材と精鋭を随時募集。
 所属希望者を対象とした、
 プレーヤーズワークショップを実施しております」
 と言う、検索キーワードが盛り込まれている。

 そのワードに誘導されるごとくアクセスし、
 HP内のメールフォーム項目に記入を済ませ、
 メールが送信されてくる応募数は予想を上回り、
 毎月、恒例となっている実情でございます。

 メールに目を向けると、
 スクール、養成所卒、60%
 フリーの経験者数、 20%
 未経験者数     20%
 男女比率は男性10% 女性90%であり、
 圧倒的に、女性志望者が多いことも周知の事実。
 
 他の養成機関と違い、
 大々的な広告、告知等は行っておらずとも、
 弱小ながらも、応募いただくことに感謝の意を表します。

 各項目に記載されている、
 訴求ポイント、個人のアピール分を租借、理解した上、
 次のステップとして、 応募者へコンタクトを試み、
 弊社の説明及びワークショップ・オーパルのコンセプト、
 ポリシーに至る概要を説明し面談日設定というフロー。

02

 Workshop OPALは、
 応募者全員にチャンスがあると言うスタンスであり、
 所属前提を条件に学ぶ空間提供をモットーとしています。
 

 

 撮影地
 栃木県鹿沼市 古峰神社


はじめに…

2010/10/01

「ナレーターとは語り手」

 ナレーターとして、
誇り高く名声と地位を轟かせたいと夢見る方々へ。

 1953年2月1日。
NHK(日本放送協会)がテレビ放送を開始。

それに追随し、日本テレビ放送網を皮切りに各民放が開局。

現在、テレビ放送開始後半世紀が経過し、
テレビは生活の中に完全に密着しデジタル放送、DVD、ネットTVなど・・・
個々のライフスタイルに関わる比重が増し、大きな拡がりをみせています。

急速に拡大してきた、
映像メディア界に対応し得るナレーターとして自立、自活を求め、
そして、人生を歩みたいと憧れを抱き、スクール、養成所で学ぶが、
自身が描いたシナリオ通りには事が進まない現状を諦めきれず、
次々と、学びの場を求め歩く養成ジプシーが多いことも事実のようである。

 

そこで、
2006年4月、時代が求めるナレーションと言うファクター。
そのニーズに対応し得る、優れた人材の発掘と養成を目的に開設した、
Workshop OPALの学びの場から、これまで直視してきた数々の場面。
触れてきた体験を通し、具体例を書き綴る内容のひとつ、ひとつは、
応募者にとって指針でありバイブルと言う存在と化していくと思われる。

現在、そして、未来に、
応募されるであろう、第二、第三のナレーター所属希望者にとって、
このNARRATOR ROAD Bolgの記述が心の礎ともなれば幸甚に思い、
一人でも多く共鳴、共感、共有の輪の拡がりを念ずるものである。

1

撮影地
鎌倉 鶴岡八幡宮

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.