NARRATOR ROAD


シルミル…

2011/03/03

自分を知る。
自分を知ることはすべての基本です。

ナレーターを目指し、OPALへ所属を求めてくる人、
その人たちの中に、自分自身の弱点を知り理解し把握し、
そして、日々、自助努力を重ねている人は、どれほどいるのか、
ふと、考えさせられることがあります。

それは、日々の言動や姿勢、レッスンへの取り組み方から窺えます。

・ 自分の地声を分かっていると言えるのか。
・ 自分の発声、発音は説得力あると言えるのか。
・ 自分は本当にプロになる強い意識を持っているのか。
・ 自分は熱意と信念の元に行動し実践出来ているのか。
・ 自分は初志貫徹出来る意志を持ち合わせてると言えるのか。

自分のセールスポイントは何のか。
これが分からなければ、自分の才能を生かすことも、伸ばすことも、
そして、自分を売り込むこともできないのです。

自分を知らなければ、女神や救いの仏は手を差し伸べてはくれません。

18

テレビを見る、

見るとは、敵の手の内を知ることです。

相手のナレーションを、ありとあらゆる角度から探求し、
一つでも多くの弱点を見つけることが最も大切な要素です。

ナレーターになりたいと言いながら、
自分が興味を持てる番組ばかり見ている人。
女性に目立つのが、自分の世界観と違うからと言って、
バラエティ番組を見ない女性が多いのも事実です。

そのような人が、プロのナレーターになれるだろうか。

テレビを見るから、時流のナレーションが理解出来るのであり、
成長する人、しない人の差とは、どれだけ、テレビ番組を見ているか、
と言う、ほんの僅かな差であると気付くべきなのです。

ある巨匠の方が、このように言っています。
女性は、マキ読みが出来ない、アオリが出来ない、ハリが出来ない。
この言葉を耳にした瞬間、事実、そのものと痛感したものです。

平坦な道ではなく遠い道のりです。
先に述べた、5つのロジックを心に刻み、
決して、受け身の姿勢ではなく常にポジティブで、
アグレッシブな行動力が求められること忘れないでください。

撮影地、

京都嵐山 天龍寺塔頭 三秀院

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.