NARRATOR ROAD


守・破・離

2013/03/09

気づけば、昨年の1月に記述投稿して以来、
時間が止まったかのように空白の時が流れてしまい、
新しい年月が刻まれていなかったNARRATOR ROAD BLOG。

これはいかんと思い、春の訪れは始まりの季節とあって再開です。

各養成所では、オーディションが行われていた2月。
弊社もガイダンスに記述してある通り、毎年2月と8月の2回に分けて、
オーディションを実施しているが、今期は該当するレッスン生はいなかった。
と言うか、きちんと教えを守り流れに準じ、練習と努力を積み重ねていれば、
チャンスを手中に収められる可能性は皆無ではなかったと言える。
結果として、形ばかりのボイスサンプル収録となり2月は過ぎ去りました。

多種多様な表現の世界はあるが、いかなる表現も、
心と人間が成熟せずして、邪念や雑念まみれの心からは、
そう簡単に、真の表現は発露されるものではない。

そのレッスン生も、その一人であり、今になってようやく、
学んできた時間の数ヶ月を振り返り、何が災いしたのか、
失敗した要因はなんだったのか、冷静に判断出来てきた様相である。

これまでにも、数多くの応募者が参加してきたが、
総じて言えることの一つとして、ナレーションと言う表現を安易に考え、
軽んじ、そして、日本語を読むなら自分にも簡単に出来るだろうと言う、
根拠も論拠もない、自信の持ち主がが多かったことかと改めて思う。

ナレーション、朗読の世界で活躍されている
大家の先生が仰るに、声質が良くて発音が明晰であれば、
「書いたものを読むなら誰でもできる」と言う人がいることに対し、
そう簡単に断定してもらいたくないと苦言を呈しています。

拝借し一例を述べるとこうです。
「文」とは整った言葉であり、
日常の会話の言葉と区別する必要性があると言うこと。
「文」は文字に書かれるように整っており、場合によっては形式をもち、
技巧さえも用いられる言葉として扱う性質を持ち合わせてると言うこと。

反面、日常会話とは首尾整わなくても通じ合うような、
状況と場面に依存して、話し手・聞き手の顔の表情やしぐさとともに、
用いられる言葉であり、何より違うのは、互いに相手の反応を見ながら
確かめながら用いられると言う点です。

多くの人が表現を簡単に当たり前のように出来ると思っていることを、
考察し工夫して取り組まなくてはいけないのです。
実際、そうしなければ映像を通して満足できるナレーションは出来ません
と、明言することに深く感銘を受け、意味を真摯に受け止め、表現の師と仰ぎ、
そして、ナレーションを軽んじることなくワークショップを実施しています。

Players WorkShop OPALには流儀が存在します。
「守・破・離」と言う流儀であり、ルールであり教えです。

「守」は、師について教えを守り習うこと。
「破」は、その教えからさらに新たなものを見いだすこと。
「離」は、その型から離れ、新しい自分の型をつくること。
この流儀、教えを守り学び通すことにより道は開けていき、花は咲き、
やがては、個性が確立され晴れて所属となりプロデビュー出来るのです。

shi

撮影地
鎌倉 長勝寺

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.