NARRATOR ROAD


フィールド…

2011/10/15

私達が過ごしている日々の生活。
その日々の生活、いわゆるフィールドにモノ創りの原点とも言うべき、
数多くのヒントや答えが潜んでいることにお気づきであろうか。

例えば、
会話の中には、アクセントやイントネーションがあり、
それが、正しいのか、間違っているのかを知るヒントがあります。

続いて、会話となれば発声が大きく関わります。
きちんと正しい発声が出来れていれば、平板にはならず、
アクセントやプロミネンスも考慮されてリズミカルな会話になります。
リズミカルは、つまり、テンポ、緩急と連動し相手を飽きさせません。

続けて、声域、音域の幅にも関係し作用するのです。
「驚いた時」「嬉しい時」「楽しい時」「悲しい時」などは、
感情を顕に出すこととなり、その振れ幅を最大にし言葉を発しています。

が、しかし、
実際の場面、レッスンではどうでしょうか。
感情を表に出すことは、大きな表現となるのですが、
いざ、原稿を手に取り読み上げると、非常に声域や音域は狭くなります。

それは、何故でしょうか。
答えは、日々のフィールドに隠されています。
日頃並びに普段、会話をしている相手は大多数が身近な人や友人、
ほとんどが、同じ人、以外に会話をしてないと言って過言ではないでしょう。
つまり、会話を交わしている相手が近すぎて言葉にも相手にも気を遣わず、
伝わっているのか、どうか、全く、疑わないことも原因の一つと言えます。

同じ人と会話すると言うことは、
距離感が近いので、きちんと明確に、はっきり、しっかり話さなくとも、
理解してくれる、くれていると言う勝手な思い込みが災いしているのです。

ナレーターとして、
生きていきたいと思う人、それでは困ります。
語り手の原点は声であり、発声であり、言葉がすべてなのです。
いつ、いかなる場面においても「初対面的感覚」を念頭に置いての会話、
そして、初対面だからこそ言葉と相手に気遣いの心で語りかけるが肝要です。

言葉は耳に入ると、
すぐに消えてしまう性質であることも忘れないでください。

語り手として、
伝えるには、自らの生きざまをぶつけなくてはなりません。
それに伴わない発音、発声、読み方では感動と共感は得られません。

プレーヤーとして生きる、「日々の環境(感性、美意識)」のフィールドに注視し、
多方面から学び取る精神性を維持する必要性を忘れないでください。

261

撮影地

京都市東山 建仁寺

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.