NARRATOR ROAD


続.本流…

2011/09/23

人生とは、人が生きると書きます。
この世に生を授かった、その瞬間、何らかの使命と、
それぞれに、目的と目標が課せられていることに気付いてますか。

人が生きて行く道には、必ずと言ってよいほど目的と目標があるのです。

強い、信念に宿していると願ってやまない、
目的と目標を抱き応募してきたと思われる、女性4名のレッスン生たちが、
今現在、月6回に渡り、一部の先輩ナレーターと同席し肩を並べながら、
ボイストレーニングを始めとし、理論、技術、コミニュケーション力、
そして、人間力に至るまでの幅広いカテゴリーを習得し学んでいる。

秘めたる想いと夢はと言うと、
近未来、マスメディア界で幅広い活躍を遂げたい・・・
そのようなことを切望しているのであろうと察している。

だが、時折、ちょっと矛盾を感じる面が発覚するのだ。

現代の若者の顕著な例に挙げられる、
希薄さ、どうにかなるであろう的の体たらくさ・・・

この意と同様に、レッスン生の中からも垣間見えてくる矛盾点。
先に記述したように、ナレーターを目指すには理由があって、
そして、目的、目標がきちんと定まっているからこそ学びを求める。
そう考えるのが自然であり、当然とも言える。

主だった、矛盾点はと言うと、
・分かっていないのに、理解したように装う。
・分かっていないのに、質問の数が著しく乏しい。
・完全な形を理解しようとせず、表面的だけを理解しようとする。
・目的、目標に対し、取り組み方が正比例していない。
・目的と目標の貫徹は、遠い道のりであると言う教えを弁えず、
ショートカットで、どうにかなるであろう的、発想の姿勢。

23

時に、こう思う者もいるらしい・・・
本当の自分てなんだろう。
本当に自分は何をしたいのだろう。

迷い、悩みを感じたら、こう意志を働かせると善い。
「研ぎ澄まされた強い精神の心」
「清らかで曇りのない健全な心」
二つの意味することを紐解き、矛盾を消し去る姿勢で臨めば、
強い精神も健全な心も宿すことが現実となり、苦しみからも解放されて、
気付かなかった自分、見えなかった自分から発露されるナレーションは、
聴かせるナレーションから、感じさせるナレーションへと形を変えるのです。

そして、その先の道の向こうにある、極意も見えてきます。
「心が技を高める」
「技が心を求める」
撮影地、
埼玉県新座市 平林寺

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.