Players WorkShop OPAL


sayaka Notes #004

2012/03/30

もう3月も終わりです。
新年度が始まる季節ですね。

OPALでナレーションを学ぶようになって、4ヶ月が経ちました。

最近の一番大きな変化は、
自分には資質も才能も備わっていないことを、認めたことです。
今までやっぱりどこかで、「いつか才能が開花するんじゃないか」と
理想を持っていたと思います。

でも、そんなものがあれば、とっくに成功していたはずです。

無いのだから、自分を追い込んで努力しなければならないのです。
背伸びをして、今の自分のレベルの低さを見なくてはいけない。

理想を理想のままにするのではなく、実現する為、
道筋を自分でしっかり見つめ、延ばしていかなければいけません。
そういうことを、ようやく認めることが出来ました。

そして、もうひとつ大きな問題が…。
感性と言うか、感じる心が理屈っぽくて素直じゃないのです。
どうしても「正解」を探そうとしてしまい、
感じるままに表現することが出来ません。
いや、そもそも感じ方が若くない、という…。

Bossにも、
年齢の割に考え方が凝り固まっているとよくご指摘を頂きます。

あんまり枠からはみ出さないように生きてきた結果だと思います。
もっと柔軟に、バカでもいいから素直に、そしていつも前向きに。
色んな人や物に感化されながら、自分をさらけ出していこうと思います。

今月に入って、梅の花を見に行きました。
去年までわざわざ花を見に出かけたりしなかったけど、
改めてじっくり見ると、良いものですね。

心が穏やかに、暖かくなりました。
桜が咲いたらまた出かけてみようと思います。

久しぶりに髪もばっさり切って、少しスッキリしました!
新しい春に向けて、気持ちを切り替えて挑んでいきます。

Written by@sayaka

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.