Players WorkShop OPAL


honda notes #006

2013/03/13

前回の投稿から、大分、時間が過ぎました。

この一ヶ月、
「自分は、今までどう生きてきたのか」
「この先々、どう生きて行くのか」を考える日々でした。

ナレーションの本筋とは離れた内容であり、
見苦しい文章になるかもしれませんが、綴らせて下さい。

「ナレーションには、その人の生き様が表れる」
という先生の哲学の教え、Players WorkShop OPALでは、
表現の技術論に留まらず、その人自身の生き方にまで話は及びます。

「ナレーションが進化しないのは、
心に宿る雑念と邪念を抱く、生き方に問題があると言われます」
「なぜそうなるんだ」
なぜ・・・
なぜ・・・

自分自身の愚かさから目をそらすため、
先生の問いかけから逃げるため、耳をふさぎました。

何度も、「辞めたい」と口にしました。
「どうでもよい」と、自暴自棄になりました。
その度に、私への問いかけを止めない先生を拒否しました。

その問いかけに気づかされ、
考えるきっかけとなったのは、家族の存在でした。
私の身勝手な我ままのせいで、どれだけ大切な人を傷つけてきたか。
この先一生、それを続けるのかと・・・

番組の制作スタッフ。
番組に出演する演者の方々。
テレビの先にいる視聴者の方々・・・。

ナレーターは、その全てに思いを注ぐべき存在です。

いつも自分のことが一番で、
身近な人さえ思いやれない私には、その資格がありません。
その結論に行き着き、改めて、OPALを辞めようと思いました。

でも、辞めてしまえば私はこのままです。
大切な人を守ることができず、傷つけてばかりのままです。

私は一人では生きて行けません。
そこに答えがありました。

「相手を思って行動すること。」
私にこれが欠けていることが、
様々な苦しみをまき散らしている根源です。

しかし、日々これが出来ない自分との葛藤が続きます。

「ナレーションと言う表現の学びを通して、
心と技を磨き大人へと成長させる以外、今のお前には道はない」

厳しくも、温かい先生の言葉です。

 
Writen by@honda

 

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.