Players WorkShop OPAL


honda Notes #007

2013/03/21

Players Workshop OPALには、
「ナレーション表現化心得」というものがあります。

全部で13条のナレーションを学ぶ際に絶対に外せない肝です。

その中に「書き手がイメージする構成を明確に読解力ある
「ナレーションを実践」という心得があります。

ナレーション原稿を書く放送作家さん、
ディレクターの方が一体どういう思いを込めて、
どういう背景でこの原稿を生み出してくださったのか。
そこにどれだけの人が関わっているのか・・・。
今の私には到底それは全て理解できないです。
でも、精一杯考えることはできます。
今の自分で感じられる100パーセントを吸収し、
それを一生懸命、作り手の方のために、
視聴者の皆さんのために伝えようとすることは出来ます。

今の自分で。
そのことを最近ひしひしと感じるようになりました。

それを感じると同時に、
「自分の地声って、何なんだろう」
という疑問もふくらんできました。

私が、今までやっていた声の出し方は完全に地声ではありません。
変に高くてスカスカ、自分の気持ちも入っていません。
ただかっこつけて「うまく読もう」としているだけ。

しかし、「自分の素直な気持ちで。地の声で」
とすると、確かに前より太い中身の入った声にはなるものの、
録音したものを聞くと聞きづらいのです・・・。

メロディのようなものになっていないのです。
ベターっとした、音色のないナレーション。
地声、とはなんなのでしょうか。

今の自分の素の声、とするならば今の私の地声は商品になりません。
「ナレーションやるんだ!」という覚悟を持った上で、
自分の感情を追い込んで発露させ、
そこで生まれる声が地声、ということなのでしょうか。

「地声を分かっている人は少ない」という先生の言葉。

答えは簡単にはでそうにありません。

Written by@honda

 

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.