Players WorkShop OPAL


2014年秋
有限会社 CUVE 所属新人ナレーター2名
男性『飛田 律』  女性『わがた やえ』

人の過去は変えられないが、未来は変えられる!
をモットーに「資質」「感性」「適応性」を兼ね備えた精鋭の人材発掘、
そして、次代の声・次代のナレーターを排出しテレビや映像全般へ供給する
世界観が有限会社 CUVEのヴィジョンです。

その世界観に相応しい実践的コーチングは、
個人の情熱、努力、本気度、精神力の支柱に重きを置き育成に務める
Players Workshop OPALは、所属前提に開設している学び舎です。

これまでも数多くの人が所属を求め入所してきましたが、
誰もが、自信を越えた過信と言う邪念を持ってる人が多く見られ、
前の養成機関での評価、所属に値しなかった理由を省みることなく、
入所するが、基本スタンスを変えないから成長に至らず去る者がいる。

そのような状況下で、今回、所属に至った2名は、
数年前、ある養成所でクラスを共にしていた時期があったらしく、
お互い苦い経験を味わってることから、どこか、近似している面があって、
ナレーションの学びに対する思い、熱意は他者を抜いてる。

その要因として、
・飛田 律のケースは、これまである事務所に籍を置きつつ、
ある個人から指導も受けていたが、その実態は、キレイに読む上手く読むが、
ベースの指導であり、そして、身を置く事務所はテレビ業界とは縁が遠く、
主なるナレーションはVPがメインであったと個人談。

前々から、テレビの仕事を欲していたことから、
夏ごろに応募があり、簡易的なオーディションしたところ、
弊社が求めるレベルに達しておらず、改めて、学ばなければテレビ界では
通用しないと促した結果、僅かばかりではあるが、テレビのナレーションへと
一歩前進したかのごとく様相に至り、今回、晴れて所属の身となった。

・わがた やえのケースは、他の養成機関で学んだ年数も長かったが、
その年数に見合うだけのものは得られず、諦めかけたこともと個人談。
とは言ったものの、やはり、種火は消えておらず、これが最後と考え、
今まで以上に、より実践的な学びの指導を受けたい思いを強く抱いた上、
昨年6月より本格的に学び始めた結果、徐々に進化が見えたことから、
収録現場で経験を積ませることを目的に、レギュラーを与えてみるが、
事務所の思いとは裏腹に、結果、レギュラーから外されてしまったのである。

反省すべき点は多々あり、
その後、本人が本人の不出来さに苦悩する日々が続き、
その現れとして、ナレーションに向き合う姿勢、考え方、捉え方まで一変し、
人として、ナレーターとして大きく成長したことから所属へと結びついた。

この2名に総じて言えることは、
何ら根拠もない、自分には出来るであろう、やれるであろう
と言う醜い邪念、過去に多くのレッスン生が捨てきれなかった
「心のバリア」を解き放ったことが勝因の一つであろう。

Players Workshop OPALでは、
キレイに読むこと、上手く読むことを良しとしない、
その意は、そこには個性は存在しなく、その人の魅力も存在しないからである。
加えて、作り手側の意図することに値する表現でなければ認められないなのです。
業界のプロデューサー、ディレクターから聞く言葉に「声が良く上手く読める」人は、
数多くいるが、他に魅力を感じられないから発注することもないと言いきる。

単に、キレイに上手く読むなら「アナウンサー」で充分と言うのである。

それは、最もな理由であり、
全く同感であると同時に、一人の個性、一つの表現で、
いかに、テレビの向こうにいる視聴者に存在を訴えるかが問われるのです。

 

 

Copyright 2012 CUVE All Rights Reserved.